在沖米軍の施設・区域及び返還施設

 沖縄県に所在する米軍専用施設・区域面積(平成29年3月31日現在)は18,609.2ha、施設数31施設で、県土面積に占める割合は8.16%です。復帰後、米軍施設・区域は減少傾向にあるとはいえ、依然として在日米軍専用施設・区域面積の70.38%が沖縄県に集中しており、米軍施設・区域が所在する市町村は21市町村に及んでいます。

 市町村面積に占める割合が最も高いのは嘉手納町の82.0%、次に金武町の55.6%、北谷町の52.3%となっており、中北部の市町村に米軍施設・区域が集中しています。

施設位置図(局HP)